歯周病治療
インプラント治療
歯周病専門医とは
診療・医院最新情報
メール相談
料金表
スタッフの紹介
医院内のご紹介
アクセスマップ
リンク
2763さんへ
2007/12/28
40台なかばになられたそうですね。
これからは成人病に気をつけてください。口の中での成人病と言われています歯周病がはじまっています。上の歯の左右一番奥の歯、歯の周囲の骨が吸収し始めています。中等度の状態ですので、これからの治療と、日々のお手入れで歯周病はコントロールできます。
今回の治療は期間が長くかかります。仕事の状態を見ながら無理なく通院をしてください。

前回撮影しましたレントゲンを貼っておきます。クリックにより拡大します。



赤丸は虫歯の歯です。
1147さんへ
2007/12/28
左下の状況についてご説明致します。

  左下のレントゲン(クリックすると拡大します。)


  口の中の写真
   

 埋もれている歯により、歯磨きの出来にくい場所が出来ています。このため第一小臼歯と第一大臼歯の根本が虫歯になりました。
 治療にあたっては、虫歯治療に伴うかぶせ直し以外に、虫歯の再発がおこりにくい環境作りが必要と思います。

 ここでは治療方法のオプションをいくつか提示しておきます。どのような治療方法を選択するかは診察室で話し合いの上決めましょう。

治療方法のオプション

1.埋もれている歯を抜歯し、2本の虫歯をかぶせ直す。
  (抜歯により手前の歯がダメージを受けることあり)

2.小さい方の銀歯を抜歯し埋もれている歯を歯列矯正により引き出す。この歯を抜いた銀歯の位置に誘導する。
  (治療期間が長いーー6ヶ月くらい)

3.埋もれている歯と、小さい銀歯の2本の歯を抜歯しインプラントを埋め込む。
  (抜歯と手術の2回の外科処置)

4.とりあえず2本の銀歯の虫歯治療のみを行い、埋もれている歯は手をつけない。
  (虫歯の再発のリスク)
カルテNO 7942さんへ
2007/12/27
 右上の第一小臼歯を昨日抜歯致しました。抜いた歯は二つに割れていましたね。歯が割れていたために、ぐらぐらして噛みにくかったのです。では、歯が割れた原因を考えてみましょう。歯にはそのひとの体重に相当する力がかかると言われています。通常はその力を奥歯全体で分散して受け止めています。しかし、右下の奥歯が3本無くなっていますと、残っている歯に体重と同じ力がかかります。このため、1本1本の歯に大きな力がかかることになります。噛む力の分散が出来ないために、右上の第一小臼歯に過大な力がかかって割れてしまいました。
 さらに、レントゲンから、左下のブリッジを支えている歯にも大きな力がかかっている所見が見られます。今回歯数が減ったこともあり、この部位についても心配です。
 こんご、残っている歯を永く維持し、快適に食事を採って頂くようにするためには、バランス良く噛む力を分散できるような歯を作ることが大事です。
 かみ合わせ以外についてはレントゲンにてご説明致します。
     
   クリックすると拡大します。
 黄色の点線は歯を支えている骨の高さです。歯周病により全体的に骨の高さが減ってきています(骨が熔けている)。特に矢印の部位は歯周病が進行しています。適切な治療により全ての歯はもたせることが可能と思います。本HP歯周病の治療についてご一読下さい。
 赤い○は虫歯を示しています。
 大変多くの治療が必要です。また、治療期間が長くかかります。治療の進行に於いて何かお聞きになりたいことがありましたら、診療時におたずね下さい。またこのHPを利用して頂いても結構です。


年末年始休診のお知らせ
2007/12/22
平成19年12月29日(土曜日)午後より
平成20年1月6日(日曜日)まで休診致します。
平成20年1月7日(月曜日)より通常通り診療致します。

良い年をお迎え下さい。
カルテNO 6387さんへ
2007/12/22
6387
★治療の資料を見ておいてください
画像をクリックすると拡大します。

     治療前の口腔内写真
         

     治療前のレントゲン
         

     手術時の骨の状態
         

★医院からのコメント
1)手術時の状態は歯の周囲の骨が歯周病により殆ど熔けて無くなっています。骨の再生には時間がかかります。エムドゲインを使用した場合は通常3年の期間が必要です。しかし、臨床的に歯の保存のめどが立ちましたら、3年の期間を待たずに新しい歯を製作致します。
2)治療の山は越したと思います。今までよく頑張られました。
カルテNO 2121さんへ
2007/12/22
2121
★治療内容の特徴
1)定期検診の中断(2年6ヶ月)
2)口の中のお手入れが良かったので治療結果が維持できました。院長はほっとしています。

★お口の中の状態
   写真をクリックすると拡大します。
 お口の写真


 レントゲン


 上の歯(二重冠)


 お手入れの状態(3年前)
             

★医院からのコメント
1)上のブリッヂは少ない歯でもたせています。今後とも永く使って頂くためには、定期的な歯周病のチェックとかみ合わせの点検が必要です。
2)上の歯はとびとびで残っています。このような状態はみがきにくいものですがよくお手入れをして頂いています。今後とも怠らないようにお願いします。
3)お体の状態が良くないようですね。先日診察室でお話ししました治療についても一度試してみてください。
ホームページ立ち上げにあたって
2007/12/07
 吉武歯科医院では、医院スタッフとフロンティアワークス社の協力によりホームページを立ち上げることになりました。ホームページの目的は吉武歯科医院の診療体制をお知らせするだけではなく、双方向の対話の手段とするところにあります。

 歯周病の治療を希望される方、現在治療を受けている方、吉武歯科医院に聞きたいことなど何なりとお問い合わせ下さい。

 逆に、吉武歯科医院からは個々の患者さんの治療への思いを、このページを利用して述べさせて頂きます。もちろん個人情報には特段の配慮を行っています。

 診察室で話せなかったことをこの場で補いたいと考えています。
 
 
2763さんへ
1147さんへ
カルテNO 7942さんへ
年末年始休診のお知らせ
カルテNO 6387さんへ
カルテNO 2121さんへ
ホームページ立ち上げにあ..

歯周病治療の結果
吉武歯科医院からのお知らせ
患者さんへのメッセージ
ホームページ立ち上げにあ..

2012 07
2012 05
2012 04
2008 07
2008 06
2008 03
2008 02
2008 01
2007 12

HOME お問い合わせ お問い合わせHome