義 歯

入れ歯
部分的な歯の欠損や虫歯などによって隣接箇所の歯を複数本失ってしまった際に、新しく歯を入れるブリッジ義歯や入れ歯。
インプラントが注目されておりますが、状況に応じて入れ歯にした方がいいケースもございます。最善の方法をご提案いたしますので、ぜひご相談ください。ます。
入れ歯の素材・設計について

入れ歯と言ってもその設計はさまざまです。残っている歯の状態によって比較的安定しやすい入れ歯もあれば、歯が比較的多く残っていても安定が得られにくい入れ歯になる場合もあります。また材質もレジン(樹脂)を主に使ったものや金属を基礎に用いたものなどいろいろあります。
当院では歯が数本しか残っていない場合でも咬む力と安定が得やすいコーヌスタイプの義歯や、下あごの総入れ歯でも外れにくい吸着義歯の作製も行います。
マグネットアタッチメントデンチャ―

入れ歯の土台となる歯根に金属(キーパー)を埋め込み入れ歯側に超小型磁石を取り付けた義歯です。義歯を留める金属の爪が無いので、審美性に優れ、入れ歯が入っていることが他人から分かりにくいというメリットがあります。シンプルな構造で、食べカスが詰まりにくくお手入れも簡単です。

金属床義歯と併用することが多く、噛める義歯を作ることが出来ます。
ノンクラスプデジャー

部分入れ歯は、一般的に金属のバネ(グラスプ)を歯にかけて、入れ歯と維持安定をさせます。
入れ歯をしていることを人に気づかれたくない方のための入れ歯です。
特殊なナイロン性の素材でできている義歯です。
金属を使用していないため、見た目も気にならず、会話やお食事が楽しめます。義歯自体が軽く、しっかりした着け心地で快適です。
チタンキャストプレート

近軽量で上部な素材「チタン」を使用した入れ歯です。
チタンは軽いだけでなく、アレルギー反応を起こしにくいため、体にとても優しい金属です。
コバルトクロムプレート

保険が適用できる入れ歯の3分の1の薄さで、熱の伝わりも良く、快適な状態で永くお使いいただくことができる入れ歯です。良いものを永く使いたいという方にお勧めです。


〒339-0008 埼玉県さいたま市表慈恩寺651-1